山口県立 宇部中央高等学校
     
行事
学校行事
   年間行事予定表(PDFファイル)をご覧ください。

5/25追加
学校再開及び夏季休業の短縮を含む行事予定の変更等について


5/18追加
明日葉祭中止のお知らせ


5/1追加

生徒の皆さんへ

 

新型コロナウィルス感染症から皆さんやご家族を守るため、一斉臨時休業が5月24日(日)まで延長されることになりました。

生徒の皆さんは、学校で授業が受けられないことによる学習の遅れについて不安を抱え、さらに、中間考査や今後の学校行事、部活動の大会がどうなるかなど、心配していることと思います。現在、臨時休業の延長を受け、新たな家庭学習の指示や様々な日程変更などを検討しており、それらが決まり次第、ホームページやメール配信を通じてお知らせします。

私たちはこれまで経験したことのない困難の中にありますが、今は何より、自分の命と健康を守る行動が重要です。それがご家族など皆さんの大切な人を守ることにつながります。引き続き、次の点に留意して休業中の生活を送るようお願いします。

 

〇 感染症拡大防止のための臨時休業であることを踏まえ、人の多く集まる場所や不要不急の外出を避けてください。

〇 毎朝の検温、手洗いや咳エチケット、室内の換気など健康管理に努めてください。

〇 免疫力を高めるため、十分な睡眠、適度な運動やバランスのとれた食事を心がけてください。

 

家庭学習の進め方や進路選択、健康状態など、不安なことがあれば学校(担任)へ相談してください。一緒にこの困難を乗り越えていきましょう。

 

  令和2年5月1日

                         校長  河村 志郎




令和2年度始業式・入学式

 

 4月8日(水)午前に感染症予防対策を行った上で始業式を行いました。午後からは入学式を行い、150名の生徒が本校に入学しました。
 始業式では2・3年生に対して、河村志郎校長から「新型コロナウイルス感染症の留意点、進路決定における1学期の重要性」について話があり、入学式では「学校行事や部活動、友人との出会いを大切に」というメッセージが伝えられました。新入生を加えて、本校全日制の生徒数は427名になりました。
 今年も、本校は生徒の明日につながる教育活動を展開していきます。




「本庶 佑」先生講演会 ライブ配信

 

11月15日(金) 「本庶 佑」先生講演会のライブ配信を生徒全員で視聴しました。

生徒たちは、本庶先生が本校近隣ですごされた小・中・高校時代のお話や、「PD−1」の発見が免疫療法という新たながん治療法につながって多くの人々から期待されているというお話を聞きました。さらに宇部高校の生徒たちとのパネルディスカッションでの「挫折はしていないが、失敗はたくさんした」というお話は、宇部中央高校が掲げるめざす生徒像と重なり、簡単にはへこたれず成長していくことの大切さを改めて認識することができました。

生徒たちは最後まで集中して聞き入っていました。

 




「探究活動研究(出張講義)」

 

11月6日(水)、1年次の総合的な探究の時間で、生徒が自らの興味関心に応じて研究するテーマについて、大学・短期大学の先生方による講義、指導・助言が行われました。生徒たちのテーマは、中原中也の詩、ルービックキューブ、英語による和食の紹介、子ども食堂、高齢者の孤独、トレーニング後の栄養、外来種など興味関心に応じて設定されました。生徒たちは事前に質問事項をお知らせして、どの講座も内容が濃いものとなり、生徒たちの眼は輝いていました。今後、研究が深まっていくことでしょう。



 
 



 PTAと生徒会の朝の立ち番

 

11月5日(火)〜8日(金)の登校時間に、PTAと生徒会合同で朝の立ち番による挨拶・声かけを行いました。いつもにも増して「気もちのよいあいさつ」が交わされました。




 

2019年度公開授業週間

 

11月1日(金)〜11日(月)、全日制と定時制で公開授業を実施しました。保護者、小中学校の先生、近隣住民、学校運営協議会委員の方々に御案内しました。来校された方は積極的に御意見や御感想を書かれていました。






 「出張講義」 大学、専門学校等との連携

 

10月30日(水)、2年次の総合的な学習の時間で「出張講義」を開催しました。「出張講義」は、心理、理工学、医療、芸術デザイン、保育・幼児教育、栄養、看護、美容の8つの講座に分かれて行われました。本校生徒の主な進学先である大学・専門学校等の先生方から講義や実習を通じて専門的な事柄を学ぶことで、専門的関心や知見を広げ、進路に関する意識をより深くし、今後の学習の動機付けとすることを目的としています。






 「薬物乱用ダメ。ゼッタイ。教室」

 

10月2日(水)、宇部警察署生活安全課の方をお招きし、全校生徒を対象に薬物乱用防止教室を実施しました。その教室で、薬物や危険ドラッグについての知識や恐ろしさについて、講話やDVDを通して啓発を受けました。液体やメガネを使った疑似体験では、生徒は感覚と実際の違いを実感していました。




体育大会


9月26日(木)、27日(金)の2日間にわたり、令和最初の体育大会が開催されました。

【1日目】

想い想いの工夫を凝らしたクラス旗を先頭にクラス紹介のコメントが流れるなか、生徒たちは元気よく入場行進をしました。開会式の後は、ドッジボール、バレーボール、バスケットボール、卓球の球技の予選が行われました。午後は、部活対抗リレーとクラス対抗リレーの予選が行われました。

【2日目】
午前は球技の決勝が行われました。午後は体育大会のクライマックスを迎え
年次対抗による綱引きが行われ3年次が優勝しました。
また、クラス対抗リレーの決勝も行われました。
両日とも薄曇りという絶好のコンディションに恵まれ、運動技能とクラスの団結力を大きく向上させました。
10月2日(水)に表彰式が行われ、3年5組が総合優勝を果たしました。

 
 
 
 



 生徒会認証式

 

8月28日(水)生徒会認証式がありました。この式で、1学期末に行われた新生徒会役員選挙で選ばれた生徒会長を中心に組織された新生徒会役員の認証と、各委員の紹介がありました。

はじめに、旧生徒会を代表して生徒会長が、生徒会を支えた生徒会のメンバーと生徒全員に感謝の気持ちを述べました。【写真】

次に、新生徒会長が、これから1年の活動に向けて決意と抱負を語りました。

 




JR東新川駅 駅舎アート完成

 

9月14日(土)JR東新川駅の駅舎アート完成記念式典がありました。

このアート制作には宇部中央高校美術部の生徒も暑い中参加しました。制作画面は一見平坦に見えますが、意外と凸凹があり、美術部員は注意深く念入りに仕上げました。

作品のタイトルは「星空を渡る」。駅舎全体に天の川が渡され、その周囲の円形やひし形はすべて星です。駅舎の左側には本校にも関係の深い弓道の矢とテニスのラケットとボール、そして天の川を渡る船が描かれています。

駅舎ゲートをくぐると新しい世界が開けます。登下校に利用する150名の生徒だけでなく、多くの学校関係者が東新川駅を利用することを願っています。



 明日葉祭

 

6月21日(金)・22日(土)の両日、明日葉祭(文化祭)を開催しました。テーマは、「無題 〜あなたは何を感じますか?〜」です。今回は一般公開3年目、おもてなしの心で中学生や地域の方々にも愛され、生徒たち自身も楽しめる明日葉祭を目指して行いました。

1日目は、保護者参観の下、生徒会によるオープニング動画、ダンス同好会によるステージいっぱいに広がる踊り、軽音楽同好会による親しみのある曲の演奏が披露されました。

2日目は、ステージでは、合唱部、演劇部、ダンス同好会、有志によるダンス、家庭科の授業発表としてのファッションショーなどが行われました。

校舎内では、美術部、華道部、JRC、1・2年生による展示、茶道部による茶会、クッキング部、保健委員会、図書委員会によるバザー、バンド演奏などに加え、宇部市役所の消費教育コーナーも設置され、盛りだくさんの内容となりました。

中庭では3年次生や定時制、PTAによるバザーも行われ、多くの来場者を迎えて大いに賑わう明日葉祭となりました。








生徒総会 議題について意見交換

 

5月29日(水)生徒総会が開かれました。決算報告・予算審議、事業報告・事業計画が行われ、以下の議題等について協議しました。

○協議題

 周りの生徒との話し合いの時間を挟みながら進められました。

第1号議題 「靴下について」

第2号議題 「明日葉祭について」

 

第1号議案では、女子の靴下について学校指定以外の靴下を可とするかどうか、意見が出されました。

第2号議案では、「きれいな学校・明るい学校・あいさつする学校をアピール」「中学生・保護者に選んでもらえる学校となる明日葉祭」「生徒の主体的な活動が目に見える明日葉祭」など様々な思いを込めた意見が出されました。

 
 

 



PTA総会・教育後援会総会

進路講演会・部活動集会・年次集会
学級懇談会・定時制集会も開催

 

5月17日(金)、本校体育館においてPTA・教育後援会総会を開催しました。 当日の内容は次のとおりです。

 

○進路講演会

北九州予備校から講師をお招きし、進路講演会を実施しました。講演では、希望進路の実現に向け、将来の目標・進路をハッキリ決めること、一冊の参考書・問題集を徹底的に繰り返すことや、保護者のサポートの大切さを理解することを中心に、具体的なデータを示しながら話され、大変参考となる内容でした。

 

○PTA総会・教育後援会総会

総会の事業報告・決算では空調特別会計の内容が昨年度と今年度で大きく変わりました。その後、役員改選が行われ、PTA会長の再任、6名の新役員が承認されました。旧PTA役員の皆様、大変お疲れ様でした。

 

○部活動集会・年次集会・学級懇談会・定時制集会

総会終了後、部活動集会及び各教室に移動し年次集会・学級懇談会・定時制集会を行いました。保護者の皆様には、長時間にわたりお疲れ様でした。




高校総体壮行式

 

5月8日(水)、本校体育館において山口県高等学校総合体育大会の壮行式を行いました。大会に参加する各部の主将が大会に臨む決意と抱負を述べました。また、校長先生・生徒会長からの激励の言葉がありました。3年生が出場する最後の大会となる部もあります。日頃の練習の成果を発揮し、最後まであきらめることなく、宇部中央高の代表として頑張ってきてください。





「みんにゃ食堂」ボランティア

 

4月24日(水)に、生徒会を中心とした20名で西法寺で開催された「みんにゃ食堂」にボランティアとして参加しました。

「みんにゃ食堂」は、多世代が食事を通じて交流を深めることを目的とし、毎月2回、西法寺で開催されています。

今回は、紙コップを使った鯉のぼり作り、新聞紙で作る兜作り、魚釣りゲーム、輪投げコーナーを設け、食事を終えた子どもたちと色々な話をしながら触れ合い、交流を深めることができました。

子どもたちや保護者の方、地域の方々から「また来てね」「とっても楽しかった」と言われ、大変充実した時間を過ごすことができました。





交通安全教室

 

4月24日(水)に、宇部警察署交通課から講師の先生を招き、体育館で交通安全教室を行いました。1年次から3年次の全校生徒が参加しました。

自転車の走行について、自転車レーンや歩道の安全走行、危険予測の大切さが伝えられました。特にケータイ、スマホを使用してのながら運転は絶対にいけないと指導されました。

最後に、事故発生時の対応についても講演があり、生徒は有意義な時間を過ごしました。 





離任式

 

4月12日(金)に、体育館で離任式が行われました。前校長先生をはじめ、昨年度末に本校を離任された教職員の方々とのお別れの日でした。離任される一人ひとりの先生が、宇部中央高への思いを熱く語られ、生徒達は一生懸命受け止めていました。お世話になった先生方、ありがとうございました。

 




対面式

 

4月9日に、1年次生と2・3年次生との対面式が行われ、この日初めて、2・3年次生と1年次生が一同に会し、2・3年次生が1年次生を歓迎しました。

2・3年次代表から1年次生に、「わからないことは何でも聞いてください。」というあいさつがありました。それに対し1年次代表からは、「1日も早く宇部中央高校の生活に慣れるよう頑張ります。」というあいさつがありました。





入学式 伝統を引き継ぎ、新たな宇部中央高校を創ろう

4月8日、156名(全日制普通科140名、定時制普通科16名)の新入生を迎え、本校体育館で平成31年度入学式を挙行しました。金沖PTA会長様御臨席の下、式は厳かな雰囲気の中で始まり、校長が入学許可を宣言しました。新入生代表生徒が宣誓を行い、3年間の努力を誓いました。また、式後には1年次の先生の紹介、生徒有志による校歌の歓迎合唱の披露が行われました。

 





ボランティア清掃活動 〜地域の美化に一役〜

 

9月19日(水)、本校2年次生が、LHRの時間を利用してボランティア清掃を行いました。日頃からお世話になっている地域の皆様に対する感謝の気持ちを込めて、学校周辺や通学路の清掃活動に汗を流しました。途中、地域の方々から声をかけていただき、生徒たちはにこやかに笑顔で答えました。





ようこそ先輩 岩野雅子先生 講演会

 

9月19日(水)、宇部中央高校体育館を会場として、2年次生を対象に、山口県立大学から岩野雅子先生をお招きして講演会を実施しました。

講演会のテーマは、「人生100年時代をどう生きるか −自分の進路とキャリアを考えよう」です。

1 自分の人生について考えてみよう

2 自分の進路とキャリアについて考えよう

3 早くから入試について考えよう

という3部構成で行われました。

自分は何に向いているんだろう?

今はイヤだけど、身につけたいといけないことは何だろう?

と生徒に問いかけながら展開し、進路実現に向けて、勉強だけでなく、幅広い知識や生活力の大切も伝えられました。

後輩への愛情のこもった講演会でした。ありがとうございました。





山口カタリ場2018

 

9月12日(水)、宇部中央高校体育館を会場として、1年次生を対象にカタリ場を開催しました。

このカタリ場は、山口大学、山口県立大学、山口学芸大学、梅光学院大学の45名の大学生と本校1年次生140名が本音の対話をすることを通して、高校生が主体的に将来を考えることをねらいとして実施しました。

まず、大学生が迎える中、高校生が体育館に入場して会が始まり、大学生1名と高校生3〜6名の班づくりがありました。各班では、楽しく会話をし、お互いを知る時間がありました。

次に、高校生は大学生の体験を聞くグループと、大学生と1対1でありのままの自分と向き合いながら語り合うグループに分かれて、ローテーションでそれぞれの活動に参加しました。

これらの活動を通して、高校生は価値観を広げたり理想をイメージしたりしました。最後に、高校生は各班に戻って、自らの理想に近づくための具体的な目標を立てて、

班の友達や大学生と約束をしました。

1年次生が大きく成長する1日になりました。





自転車交通安全教室

 

9月5日(水)、本校グラウンドで、1年次生を対象に自転車交通安全教室を開催しました。

安全教室では、まず宇部中央自動車学校教習指導員の方々から「ながら運転」の危険性について講習がありました。指導員の方に続いて生徒もヘッドフォンを着用して自転車を運転しましたが、ブザーの音が鳴っているのに、ブザーの近くに来てもまったく気が付きませんでした。

続いて、指導員の方がスマートフォンを操作しながら自転車を運転し、生徒もメールを打ちながらコースに置かれたコーンを避けて自転車を運転しました。自転車はヨロヨロ運転、メールも意味不明の内容になりました。

次は、右側通行による自転車の運転です。指導員の方は、見通しの悪い交差点で危うく出合いがしらの事故に遭うところで、転倒しました。

最後は、山口県交通安全学習館の指導員の方による自動車の衝撃力についての講習でした。少年の姿をしたダミーは、時速40キロメートルの自動車と衝突し、15メートル以上も飛ばされました。

終わりに、生徒代表からの謝辞がありました。生徒たちは実演による講演を通じて、安全運転の大切さを実感していました。






恩田校区ふれあい夏祭り ボランティア


8月4日(土)に宇部空港グラウンドで開催された恩田校区ふれあい夏祭りに15名の生徒が参加をしました。

宇部中央高校の生徒はゲームコーナーを担当しました。サッカーゲーム、射的、輪投げ、カメすくいをクリアした子どもには、参加賞として賞状を渡しました。
用意していた200枚の賞状がなくなるほどの大盛況でした。また、3人の小学生が助っ人として加わり、ボール拾いのお手伝いをしました。最後は子どもたちと盆踊りに参加しました
主催者の方から、「小学生や中学生があんなお兄ちゃんやお姉ちゃんになりたいと思うことができてほんとによかったと思います。盆踊りも盛り上げてくださってありがとうございました。」と言っていただきました。短い時間でしたが、地域の方々と触れあい、充実感と達成感を味わうことができ、貴重な時間となりました。






 生徒会 リーダー研修会

 

7月27(金)、次期生徒会候補のメンバーが図書室でリーダー研修を受講しました。

講師は教員研修で講師もつとめられた教育研究家の 妹尾昌俊 先生です。

2100年まで生きていくかもしれない、いまの中高生! 21世紀を元気に走りぬけていけるために、どんな力をたくわえておく必要があるか? 不透明な未来ではあるけれども、大事になってくる考え方のお話しをしていただきました。

目標が大事、チームは仲良しでなくてもいい、お互いを認め合うのがチークワーク、という元サッカー日本代表 岡田武史監督 の話など、ためになる話をたくさんしていただきました。その他にも高校生の知っている著名人の話やコンビニの話が次々とテンポよく出てきて、あっという間の90分でした。

講演のあと、メンバーは、係の先生から講演の振り返りや、これから始まる生徒会の仕事について、説明を受けました。

 




 

 クラスマッチ

 

7月18(水)〜19日(木)、クラスマッチを行いました。

大変暑い中、グラウンドでは女子のドッジボール、卓球場では女子の卓球、そして体育館では男女のバレーボールとバスケットボールの各種目の競技を行いました。

熱中症を防止するため、短い試合時間の設定やこまめな水分・塩分の補給を行いながら各クラスとも団結力を発揮して、大会は大いに盛り上がりました。

 





 生徒会役員選挙

 

7月19日(水)、新生徒会の会長・副会長立候補者による立会演説会が行われました。立候補者はそれぞれ学校や学校生活に対する思いを演説しました。

その後の投票は、宇部市選挙管理委員会から本物の投票箱を借りて行いました。生徒は生徒証明カードを学校の選挙管理委員に提示して投票用紙を受け取り、思いを託す候補者の名前を書いて投票しました。



浴衣の着付け講習会

 

6月25日(月)、7月13日(金)の両日、「浴衣の着付け講習会」を和装教育国民推進会議の方々を講師としてお迎えして行いました。本校2年次生全員が学ぶ「家庭基礎」の授業での取組です。浴衣の着付け体験を通して日本の伝統文化について理解を深めることを目的として行いました。

講習会では、着物の歴史の概略や、着物の着付けとたたみ方を学びました。

女子生徒だけでなく、男子生徒も全員学びました。





 生徒総会 議題について意見交換

 

5月30日(水)生徒総会が開かれました。決算報告・予算審議が行われ、以下の議題等について協議しました。

○協議題

第1号議題 「ボランティア委員会の設置について」

第2号議題 「自習室の運用について」

 

第1号議案では、「委員会の設置により、ボランティア募集の情報がクラスに伝わりやすくなる」という意見など、賛否両論の意見が出されました。

第2号議案では教え合う自習室を作ることが提案され、「自習室を作る場合、運用のためのルールが必要」など、様々な角度から意見が出されました。